目が小さい原因


目の大きさは眼球の大きさではありませんね。眼球を覆っている瞼の形によってきまります。眼輪筋と眼瞼挙筋の2つがありますが眼輪筋が瞼の形を左右します。ただ、眼瞼挙筋、目を開け閉めする機能が障害や成長以上で瞼があがりにくい方もいらっしゃいますね。
こちらでは眼輪筋について深くお話させていただきます。なおす >>

目が小さい人の主な原因

瞼の筋力不足で目が小さい
瞼の筋力がない
10代の方に多いのですが瞼の成長が弱い人、スマートフォンや表情が少ないと瞼の筋肉が引き締まりません。目を大きくしようギョロッと顔圧を上げる瞼がくぼみますのでお気をつけください。

瞼が浮腫んで目が小さい
瞼が浮腫んでいる
血行が悪いため瞼が浮腫んで目が小さくなります。入浴や運動も大切ですが瞼が浮腫みで伸びてしまっているので入浴や運動後はアイスノン、保冷剤で冷やし引き締めてください。

眉間や額が凝り瞼が上がらない目が小さい
額や眉間が凝って目が開かない
デスクワークや視力が悪い方は眉間や額が凝って硬くなり瞼を上げる柔軟性が落ちてきます。普段、目を凝らしていたり、険しい表情をするとすぐに目は小さくなってしまいます。

頬骨が高く目が開かない目が小さい
頬骨が高いため目が開かない
頬骨の位置が高い人は目がしっかりと開けられなくなるので目尻を中心に小さくなっていきます。苦笑いや表情を我慢していると頬骨筋の位置は高くなり盛り上がってきます。

目を大きくする方法

顔の循環を良くする

しっかりと入浴はもちろんですが、顔の温冷療法をして凝りや浮腫みを取っていきましょう。
洗面桶に入れた冷たい水に10秒ほどお顔をつけ、その後、温かいお湯、湯舟かお湯シャワーで温めてください。これを5回ほど繰り返すと顔の循環がよくなっていきます。

瞼の顔筋マッサージ


眉頭、眉山、頬骨の高いをほぐしましょう。指をしっかりとおしあて左右に揺らしてください

眼窩、目の淵をなぞるようにマッサージしましょう。すこし保湿液など滑りのよいオイルを使い矢印にそってなぞってください。

瞼の顔筋トレーニング

1.左右の耳を伸ばしながら大きく目を開け閉めする
2.左右の耳を伸ばしながら真上をみて鼻の下を伸ばす
3.瞼に指をおき固定しながら目をぎゅっと閉じるなおす >>