鼻の形が変わる原因

小鼻の広がり、団子鼻の原因

小鼻の広がり、団子鼻の原因

年齢を重ねてくると小鼻が広がり、鼻が団子のように膨らんでくる人がいますね。この人たちの特徴は唇を締める筋力がなくなったのと眉間の凝りやストレスで鼻呼吸が荒くなった人ですね。
唇を閉じたり突き出したりすると鼻の下の皮膚が引き締まります。鼻もつながっているので下にピンッと引っ張られ鼻が太くなりません。ただし唇がブルドックのように弛んでくると縦に引き締める力がなくなるので横に広がり団子のように膨らんできます。

いちご鼻、鼻の毛穴原因

ストレスや顔の凝りがある方で小鼻の付け根や鼻筋の筋肉が凝ってくると鼻筋の循環は極端にわるくなります。鼻の肌はわりと柔らかく伸びやすいので老廃物が溜まりやすい場所にです。鼻は呼吸しているため体温が高い場所です。老廃物で鼻の中がこもっているので赤くなり、毛穴が開くことによっていちごのように膨らんできます。
下手にいじると毒素が溜まっているので腫れたり赤ニキビがでます。なおす >>

いちご鼻、鼻の毛穴なおし方

温冷療法

身体は入浴して肩や腰の疲れがとれますが、お顔や頭皮は入浴しないので疲れている場所は凝って固まっていきます。頭とお顔の温冷療法をしてください。

週2回は温冷療法で交代入浴してあげましょう。もっと早めに効果を出したい人は毎日行ってください。温水、冷水にお顔、頭皮を5秒づつつけましょう。5往復ほどです。
お湯は熱く、冷水は氷水のほうが効果があります。

いちご鼻、団子鼻なおし方

いちご鼻、団子鼻なおし方氷水やアイスノンで鼻筋をしっかり冷やしましょう。鼻のなかは汚れが溜まっているので温めたままですと吹き出物が出ます。
鼻筋左右からつまみ指を滑らせながら下に引っ張りましょう。この時目はすこし上を見てください。マッサージ後、アイスノンですぐ冷やしましょう。マッサージ⇄冷やすを繰り返す。
普段は唇を意識的に閉じて、アヒル口やおちょぼ口で突き出すと鼻の皮膚が引き締まってきます。細いストローでヨーグルトを飲んだりすると効果的です。なおす >>







中目黒整体レメディオの戸塚哲春です。
当院に来ていただいた方にセルフケアの方法をお伝えしています。お話ししている内容をこちらのブログでご紹介しています。是非ご参考ください。


小顔のつくり方 インスタグラム >>
小顔のつくり方 ツイッター >>

小顔のつくり方 youtube動画 >>