頬骨を引っ込める矯正、マッサージ方法、頬骨が出てくる原因や頬骨体操、ストレッチの方法を紹介していきます。

頬骨とは、輪郭がボコボコしている

頬骨が出ているひと 頬骨、きょうこつは頭蓋骨の中にある一部分の骨を指します。頭蓋骨は28個あり、眼窩の外側に位置していますが、脳や目を守る頭蓋骨は頑丈で位置が変わることまれです。
生まれつき骨が大きい方は別にして、実際レントゲンをとると頬骨はほとんど出てません。
ではどうして頬骨が出ててきたのでしょうか?

頬骨が出てる、頬骨高いひとの声

【 20代女性 】学生の時から顔の横幅がひろいと悩んでいましたが、デスクワークするようになって頬骨が横に出てくるようになりました。顔はそれほど大きくないのに頬骨があるだけで輪郭がボコボコと広く見え、悩みです。頬骨をなくしたい。

【 30代女性 】歯の矯正を始めてから頬骨が出てきたように感じます。矯正が慣れなくいつも顔が緊張して、骨なのか筋肉?浮腫みで盛り上がっているのかわかりません。歯の矯正は終わっているのに顔の形は戻ってくれません。なんとかしたいです。

【 20代女性 】視力がとても悪く小さいころから表情が固いです。頬骨だけでなく、額やエラも出ているので顔が四角いです。芸能人のように小顔に憧れます。頬骨を引っ込める効果抜群な方法を知りたいです。

【 40代女性 】昔は卵型の顔だったのに頬やこめかみがくぼんできて、頬骨が高く骸骨みたいに出てきました。骨が出たのかやつれて目立ったのかわかりません。顔がくぼんでからとても老けて見えて外出したくないです。

頬骨が出てるひとの特徴

頬骨が出ている特徴""

デスクワークで表情筋が凝り、頬骨が出てきた人

苦笑いや表情が固いひとに多くでてましたが、スマートフォンが出てきて頬骨が出てる方が余計増えましたね。
頬骨の出っ張りはレントゲンを撮ると骨自体が出てる人は少なく、頬骨筋という表情筋がストレスを受け縮んで盛り上がり、元ある場所からこめかみや側頭部の方に高く吊りあがったものです。それが骨のように凝り固まっているので骨が出てきたように見えます。ただ、頬骨筋という筋肉が目尻のほうに縮んで盛り上がると頬はくぼんでしまうので余計頬骨が出て見えます。頬骨筋と頬のくぼみが原因ですね。もちろん長い期間表情筋が吊り上ると頬骨の位置も変わるので早めになおしましょう。なおす >>

視力が悪い、カラコン付けすぎて目が吊り上がる、頬骨が高くなった人

スマートフォンを見すぎると目が疲れ、頬骨が出てくるとお伝えしましたが、視力が悪い人でコンタクト、カラコンもつけ過ぎていると目の神経や顔の筋肉が慢性的に疲労し、目の周りの表情筋は凝り固まってきます。とくに頬骨やおでこの表情筋が縮み盛り上がったように膨らむのでぬまた頬骨やおでこの骨がとび出て見えます。
カラコンも含め何年も長時間つけている方が多いので、頬骨やおでこの表情筋は慢性的に盛り上がってきますね。また、おでこと頬骨が縮んでいるので目がしっかりと開かなく目の大きさが小さくもなります。気を付けてください。

頭皮のハチ張りから横幅が広くなった人

ストレス、緊張がつづくと耳の上にある側頭筋という表情筋が凝り固まり膨らんできます。髪の毛で隠れているので自覚しにくいです。頭部のハチが張ってくるとお顔も自動的に横幅が広がります。
顔が広がったかたで抜け毛や白髪が出ている人が多いですね。それも頭皮が固まって髪の毛も変化が出ています。

お顔だけマッサージしても原因は側頭部の凝りや緊張にあるので効果はありません。まず、頭皮からほぐし顔の横幅を小さくしていきましょう。

歯列矯正で頬骨が出てきた人

矯正中に器具の違和感がとても強い人や矯正後デスクワークをして目が疲れている人は頬骨が出てる方が多いです。目じりが縮みつらい表情をすると目じりのしたに頬骨が出てきますね。その状態が慢性化し盛り上がってきます。

昔、部活動で太ももの筋肉がつき太くなった方は、時間がたっても自然と戻りません。それと同じように慢性化した頬骨の筋肉、頬骨筋は縮んだままにいなっているので自覚がある方はすぐにケアしてください。

リフトアップ体操して頬骨が出てきた人

弛みや小顔のためにみなさん表情筋のリフトアップ体操やトレーニングをやりすぎて頬の表情筋がつき過ぎてしまった方が多いですね。
目尻から口元までつながる頬骨筋という表情筋がありますがピンっと伸びて張っている状態ですと弛みがなく輪郭が V の字に引き締まりますが、無理に持ち上げようとすると頬骨筋は目尻まで吊り上がり縮んでパンプアップします。
イラストの表情を見ていただいても目が吊り上がり顔の横幅も広がりますね。口角は無理に上げないでください。作り笑いにも見えます。なおす >>

頬骨をひっこめようとして失敗した例

頬骨してはいけない失敗例 自分で骨を一生懸命押してもほとんど効果はありません。押したことによって筋肉や浮腫みが違う場所によるだけで少し時間が経ったら元の状態に戻ります。小顔矯正で骨をぐいぐい押して顔が引きつってしまった方も多くいらっしゃいます。高い金額を払って無理に頬骨を押しても骨自体はあまり変わりませんね。吊り上がった筋肉の場所をマッサージやストレッチで変えていきましょう。

頬骨を小さくする、なくす方法

頬骨の骨より頬骨筋が発達したり、頬がくぼんで頬骨が目立つ人のほうが多く、単純に頬骨を押すだけではあまり変わりません。頬骨筋の凝りを取るだけで頬骨の出っ張りがなくなっていきます。これから頬骨をなくす方法を紹介していきます。

温冷療法 4~10月 デトックス 11~3月

身体は入浴して肩や腰の疲れがとれますが、お顔や頭皮は入浴しないので疲れている場所は凝って固まっていきます。頭とお顔の温冷療法をしてください。
週2回は温冷療法で交代入浴してあげましょう。もっと早めに効果を出したい人は毎日行ってください。温水、冷水にお顔を5秒づつつけましょう。5往復ほどです。
*高血圧、高齢の方、体調悪い方は控えてください。

11~3月はサウナマスクを使い顔をデトックスしましょう。
冬の間は岩盤浴、サウナ、ホットヨガがおすすめです。冷えて表情筋が固まるので冬の方が老けやすいですね。

頬骨マッサージ方法

頬骨マッサージ方法頬骨マッサージをする前に保冷剤かアイスノンを用意しましょう。マッサージ後にこめかみから頬骨を冷やすと頬骨が引っ込みやすくなります。 エラ張りと同じくマッサージすると火照りや浮腫んで余計膨張する方がいらっしゃいます。沈静化させるために10~20秒頬骨含め全体を冷やしてください。 1.眉頭や眉間に指をおしあて左右に揺らす 2.もみあげの付け根に指をおしあて左右に揺らす 3.頬骨横側すこし上部に指をおしあて左右に揺らす 4.頬骨前側の平な部分に指をおしあて左右に揺らす

頬骨引っ込めるトレーニング方法

頬骨引っ込めるトレーニング方法 長い間縮んで盛り上がっていた頬骨筋なので眉間やこめかみにストレスがかかると縮みやすくなります。なので日頃から頬骨筋を伸ばすストレッチを行ってください。 ・耳の上部を左右に引っ張りながら目は上を見上げて、口を前に突き出しましょう。ゆっくり10秒 ・ひとさし指から薬指まで3本の指で目尻のお肉を下に下げます。あっかんべーの要領で下げながら鼻の下を伸ばしましょう。ゆっくり10秒 *縮んでいる頬骨筋を柔らかくしてストレッチをして平らにすることが目的です。表情筋は全体的に弾力がありストレッチされていると頭蓋骨との隙間が無くなり小顔になります。

頬骨矯正 中目黒整体レメディオで頬骨が引っ込んだひと

目の下が昔より膨らんで頬骨が目立つようになりました。顔の横幅が大きくなってとても悩みです。
施術を受けると綺麗に頬骨がなくなり輪郭が卵型になってくれてありがとうございます。なおす >>






輪郭美顔のつくり方 出版
こちらのブログが書籍化となり、ギャラクシー出版より” 輪郭美顔のつくり方 “を出版させていただきました。ほうれい線やゴルゴ線、顔のゆがみから顔の体操を失敗した人のケア方法の紹介しています。
今回の出版は、amazon さんからの発売になります。是非よろしくお願いします。amazon.jp 輪郭美顔のつくり方 1588円