マウスピースで顔が弛む要因

マウスピースしすぎて顔が弛む
顎関節症、歯ぎしり、噛みしめなどでマウスピースをしていると顔の肌、表情筋が弛む人がいますね。
アゴのストレスが軽減してくれますが、頼りすぎると頬や唇の筋力も落ちてしまうのでブルドック顔に近づきます。もちろん短い期間であれば、すこし頬が痩せてくれるので小顔になるかたもいらっしゃいます。なおす >>

顎関節のケア方法

アゴのストレスは、お顔の緊張状態になっているとアゴを噛みしめたくなります。噛みしめている状態が慢性化するとアゴの関節や頬骨周りに痛みが出てきます。
普段、こまかみや頬骨まわりをアイスノンなどで冷やし緊張を緩めた後、耳を左右に引っ張りながら口を大きく開けてアオアオと動かしてあげましょう。そのまま睡眠をとると噛みしめや歯ぎしりが軽減します。マウスピースのみに頼るのもよくないですね。なおす >>

歯軋り、噛みしめが強く歯列矯正をする方

歯並びがいいのに噛みしめや歯ぎしりが強く噛み合わせが深いから歯列矯正をする方がいらっしゃいますね。数年間ワイヤーやゴムかけで噛むポイントを変えて噛み合わせを良くするものです。ですが噛もうとしているのは歯でなくてアゴや表情筋ですね。噛みしめや歯ぎしりはストレス、緊張、姿勢の悪さ(アゴが上がる猫背など)によって引き起こされるものです。
歯医者さんに相談にいけば歯の専門家なので歯列矯正を勧められます。もちろんです。100万円ほど使い数年間口の中を固定されて表情筋のつき方が太く硬くなっている方がとても多いです。後悔している人ばかりです。
もし、歯列矯正をする前に水中ウォーキングかクロールで3~6か月泳いでみてください。大体噛みしめ歯ぎしりは治りますね。

元々、ピアノ歴、楽器歴、美術部など同じ姿勢でじっと指先だけ動かしていると顔や首、頭の筋肉は弾力のないまま成長してしまいます。そのため大人になってからデスクワークをすると噛みしめ歯ぎしりが酷く歯にヒビが入る方がいらっしゃいますね。また、帰宅部で綺麗な姿勢を維持する筋肉も成長していない人はアゴが上がりしゃくれてきます。そういう方も今から水中ウォーキングなおすると筋肉のストレス緊張から改善してくれますね。
 

輪郭矯正 中目黒整体レメディオで顔のやつれが戻ったひと

矯正してからどんどん、どんどん顔がやつれてきました。ゴム掛けが始まって顔の弛みが酷くなる一方でした。
施術を受けて肌の張りが戻り、顔の凝りも取れて表情が楽に動かせるようになって本当に嬉しいです。矯正中でも回復して良かったです。なおす >>




輪郭美顔のつくり方 ~顔筋引き締め編輪郭美顔のつくり方 ~顔筋引き締め編 新刊出版
こちらのブログが書籍化となり、ギャラクシー出版より” 輪郭美顔のつくり方 ~顔筋引き締め編”を出版させていただきました。唇筋を引き締めてバランスのよい輪郭のつくり方を紹介しています。
今回の出版は、amazon さんからの発売になります。是非よろしくお願いします。amazon.jp 輪郭美顔のつくり方~顔筋引き締め編 1588円