口、アゴの高さが違う 顔の歪み 原因

%e3%82%a2%e3%82%b4%e3%81%ae%e6%ad%aa%e3%81%bf
使っている腕やアゴは筋肉が付き縮みやすい性質があります。

首の右側の筋肉が強いとアゴは下がってきます。

肌も引っ張られるので片側にほうれい線が出る人もいますね。

利き腕や利きアゴは定着しているので変えられないので縮んだ筋肉をほぐし、顔の中心の筋肉をつけていきましょう。なおす >>

口、アゴの高さが違う 顔の歪みなおし方

%e3%82%a2%e3%82%b4%e3%81%ae%e3%82%86%e3%81%8c%e3%81%bf

親指と人差し指で首の横にある筋肉を強めにつまみゆっくりと口を開け閉めしてください。
口角下のアゴをつまみ前後にほぐしてください。
反対側に鼻筋、ほうれい線の少し上を順にほぐしてください。
右側が下がっているから左側でよく噛んでもあまり効果はありません。顔の中心にある唇を締める筋肉を鍛え簡単に左右に顔が寄らないようにしましょう。唇の突き出し、ストローでよく水を吸う、常に唇を閉じる意識を持つ。