顔の横幅が狭いひととは

顔の輪郭が狭いと悩んでいる方がおおいですね。日本人ですと鼻筋が通っていなく平坦な輪郭になるので顔が長く見えますね。また、やつれた感も出てしまうので肌がふっくらしていないと印象が大きく変わります。
頬骨が小さく、こめかみや側頭部が痩せている人が多いですね。ヒアルロン酸を入れて膨らませている人がいらっしゃいますが形状が安定しないのでボコボコしたり位置が下がってしまったりしています。
顎だけ大きかったりしゃくれていたりするとかみ合わせが悪いため横側の筋肉が落ちてしまいます。頭蓋骨自体は変えられないので他のケア方法を探してみましょう。

顔の横幅が狭い特徴

かみ合わせや歯並びが悪いひと顔が狭くなる

かみ合わせや歯並びが悪いひと顔が狭くなる1.出っ歯の人、歯のアーチが狭いひと
2.姿勢が悪く顎がしゃくれているひと
3.しっかりと咀嚼していないひと
出っ歯や歯のアーチが狭いと中央で嚙合わせるので横側の筋肉をあまりつかいません。そのためつくはずであった表情筋が成長しなくなります。また、姿勢が悪いと歯の噛みあう位置がズレてしまうので顎の位置も下がりますし余計顔幅は狭くなります。なおす >>


自律神経が亢進しやつれた人、ボトックス打って顔が狭くなる

自律神経が亢進しやつれた人、顔が狭くなるボトックスを打って顔が狭くなった、やつれたストレスで自律神経が亢進していると筋肉が引きつって肌がやつれてきますね。こめかみや頬がふっくらしていないと顔幅が狭くなってきます。
最近になって多い症状がボトックスを打ち過ぎて顔がやつれてしまった方です。エラだけであれば問題になりませんが、目尻やこめかみ、頬骨辺りのしわ、盛り上がった筋肉を落とすためにボトックスを数回打って骸骨顔になってしまった人です。うってすぐに顔が狭くなってもボトックスは半年ほど効果があるのでお店に飛び込んでくる方がとても多いです。

表情が乏しく顔が狭くなった人

表情が乏しく顔が狭くなった人無表情、あまり人とお話ししないひとは表情筋の成長がすくなく、頬やこめかみの筋肉が育たなかったようです。
顔幅だけでなく鼻筋や目元、口元ものっぺりしているので顔が縦に伸びた輪郭になります。
もちろん表情筋トレーニングや人前に出て話をしたりすればなおってきます。
特に英会話をするとリハビリになりますね。


顔の横幅が狭い治す方法

温冷療法 4~10月 デトックス 11~3月

冷水と温水を顔につける温冷療法のやり方のイラスト身体は入浴して肩や腰の疲れがとれますが、お顔や頭皮は入浴しないので疲れている場所は凝って固まっていきます。頭とお顔の温冷療法をしてください。
週2回は温冷療法で交代入浴してあげましょう。もっと早めに効果を出したい人は毎日行ってください。温水、冷水にお顔を5秒づつつけましょう。5往復ほどです。
*高血圧、高齢の方、体調悪い方は控えてください。

サウナマスクでデトックスしている女性の写真11~3月はサウナマスクを使い顔をデトックスしましょう。
冬の間は岩盤浴、サウナ、ホットヨガがおすすめです。冷えて表情筋が固まるので冬の方が老けやすいですね。

温冷療法やデトックスをしていくと痩せた肌がふっくらしていきます。くぼんでいた場所に膨らみが出ると横幅も広がってきますね。

表情筋のマッサージ

表情筋のマッサージ1.側頭部のハチ張り部分
2.額のやや上部左右のモコッと膨らんでいる部分
3.耳上の側頭部
4.顎先部分
指を強めに押し当て左右に揺らしてほぐしましょう。20秒づつ
頭皮をほぐす目的は表情筋が衰えていたり、自律神経が亢進したりすると顔の筋肉は気が抜けて、頭皮の筋肉が硬直していきます。
頭皮の筋肉を緩めていくと弱い表情筋が楽に動きやすくなり、肌全体がふっくらしていきます。
顎先をほぐす目的は口をしっかりと開け閉めしていないので9割以上上顎をつかわないで下顎だけで口を開け閉めしているので顎先だけ変な筋肉がついています。この筋肉を落としましょう。

表情筋トレーニング

表情筋トレーニング唇を突き出しながら口を閉じてください。閉じた状態で息を10秒吹き続けてください。
顔の表情筋が唇によって顔全体の表情筋がしっかりとしていきます。
顔の中心に力が入ってくれるとつながりのある筋肉がついていきますね。なおす >>