目の下のクマ 原因

目の下、顔の凝り

スマートフォンやパソコンの見過ぎなどによって目の下にある表情筋が凝っていきます。瞼の周りが凝り固まっていくと瞼は循環しなくなり、老廃物が溜まっていきます。老廃物で濁った瞼がクマになります。
元々肌が薄かったりすると血行が悪いだけでクマが出てくるので肌の体質にもよりますが、顔は入浴しないので顔が凝っている人は多いですね。

目の茶クマ色素沈着 頭皮の凝り

目の下だけでなく頭皮や額まで顔の凝りが広がっている人は老廃物が固形化してしこりになり、血行不足で肌が酸化していきます。クマの色が茶色になり色素沈着が瞼全体に広がります。
睡眠をとっても目薬をさしてもここまでくると効果はありません。温冷療法、マッサージ、顔の体操が必須です。

浮腫み

身体の冷え性や浮腫みがある方はお顔の方も循環不足になっていますね。
主要な流れは首の付け根からお顔に広がります。血管、リンパ管、細胞間液は瞼や鼻の頭、顎先は末端にあたるのでどうしても老廃物が溜まりやすく血行も良くありません。
デスクワークなどのお仕事されている方は無表情がつづくので表情筋の運動もすくないですね。流れをよくするためにデトックス、マッサージ、顔の体操をしていきましょう。

顔のむくみをとる方法 

温冷療法

温冷療法頭皮や顔の凝りをマッサージする前に温冷療法で緩めてあげてください。浮腫みを流すためでなく、浮腫みの原因となっている凝りをほぐすためです。

最初は毎日、その後、週2回は温冷療法で交代入浴してあげましょう。もっと早めに効果を出したい人は毎日行ってください。温水、冷水にお顔、頭皮を5秒づつつけましょう。5往復ほどです。
お湯は熱く、冷水は氷水のほうが効果があります。

浮腫みが酷い人はデトックス⇔氷水

温冷療法顔の浮腫みや脂肪はサウナマスクを使いデトックスと代謝をあげてましょう。汗をしっかりかいたら氷水などで冷やすと肌の張りが出てきます。

首のコリは私が使っているものです。1500円ほどでロフトにありました。エラ裏、耳の真下にはめたままで首の付け根を押すと老廃物の詰まりが流れやすくなります。これも顔のマッサージをする前に行うと効果的です。

マッサージ方法

温冷療法をしっかりと行ったら赤いラインをほぐしていきましょう。
鼻筋のきわ、眼窩のきわ、頬骨の中心の順に指を押しあて上下や左右押しやすい方向に揺らしてください。
色素沈着している方は頭皮の頭頂部、頭皮のハチ横、眉頭からほぐしてください。
必ずほぐしたらアイスノンで瞼を冷やすとクマが薄くなっていきます。





輪郭美顔のつくり方 新刊出版
こちらのブログが書籍化となり、ギャラクシー出版より” 輪郭美顔のつくり方 “を出版させていただきました。ほうれい線やゴルゴ線、顔のゆがみから顔の体操を失敗した人の改善方法の紹介しています。
今回の出版は、amazon さんからの発売になります。是非よろしくお願いします。amazon.jp 輪郭美顔のつくり方 1588円