顔のたるみ、目の下のたるみ原因

唇のたるみ、目と口の間にある筋肉が弱っている

表情筋のなかで一番筋力が落ちやすいのは唇の筋肉です。吸ったり、閉じたり、突き出したりする表情筋ですが、普段はみなさんはほとんど使っていませんね。
唇筋があると目と口の間は、突っ張り棒のように張っててくれますが、唇が引き締まっていないと目と口の間の筋肉は垂れ下がってしまいます。目の下のたるみが気になる方は唇がしぼんでいませんか?なおす >>

目の疲れ、顔の凝り

デスクワークや視力が悪いかたは瞼のまわりにある表情筋が凝ってきますね、瞼と凝った筋肉の間は自然としわのようにくぼんできます。厳密にいうと目の下がたるんでいるわけでなく、凝った筋肉の間がくぼんでしまったので弛んでいるように見えます。
30~40代に多い症状なのでみなさん顔が急に老けたと感じていますが、顔が凝り過ぎが原因です。もしリフトアップ体操や顔の筋トレをしても余計悪化するので気を付けてください。

浮腫み、ヒアルロン酸で肌伸びた

顔の代謝が悪いと瞼やアゴ先に浮腫みが溜まってきます。水風船のように肌は伸びるので瞼の浮腫みが酷くなると目の下が弛んできますね。
また、涙袋やほうれい線にヒアルロン酸を入れて、その時しわがなくなったけど、顔がパンパンに膨れて弛んでしまった方が多いですね。

顔のたるみ、目の下のたるみなおし方

間違った体操とマッサージは酷くなる

目の下が弛んだからといって口角あげたりリフトアップ体操をしても効果はありません。余った肌が余計酷くなります。反対に目と口の間をストレッチするほうが効果的です。
また、余った弛みをマッサージしても効果はありません。余計肌が伸びて緩みすぎます。なおす >>

温冷療法

温冷療法身体は入浴して肩や腰の疲れがとれますが、お顔や頭皮は入浴しないので疲れている場所は凝って固まっていきます。頭とお顔の温冷療法をしてください。週2回は温冷療法で交代入浴してあげましょう。もっと早めに効果を出したい人は毎日行ってください。温水、冷水にお顔、頭皮を5秒づつつけましょう。5往復ほどです。お湯は熱く、冷水は氷水のほうが効果があります。
浮腫みやヒアルロン酸をだいぶ以前に入れた方は入浴の際にサウナマスクをしてデトックスしてください。汗をしっかりとかいたら氷水に入れて冷やしましょう。

目の下のたるみ 体操、ストレッチ

おもいっきり上を見上げながら鼻の下を伸ばしましょう。目と口の間がストレッチされハリがでます。
ひとさし指と中指でアッカンベーのように瞼を下に引っ張ります。引っ張りながら目をぎゅっと閉じてください。目を閉じる動作に負荷をかけて瞼を引き締めるトレーニングです。

目の下のたるみ マッサージ

頭の筋肉がこわばっていると目の緊張が抜けないのでほぐしてあげましょう。壁に頭頂部をつけ左右に揺らすように押しあててください。
2.目の間に人差し指の側面を押しあて左右に揺らしてください。肌は擦らずに皮膚を揺らし張りつめをほぐしましょう。
3.鼻筋の赤いラインに指をあて上下に揺らしましょう。左右同時に行い挟むようにすると力が逃げません。
4.眼窩から2.3ミリ下に指を押しあて左右に揺らしましょう。骨を押しあてる感覚です。
表情筋をほぐしたら必ず緩んでいる皮膚をアイスノンで冷やしましょう。なおす >>





輪郭美顔のつくり方 新刊出版
こちらのブログが書籍化となり、ギャラクシー出版より” 輪郭美顔のつくり方 “を出版させていただきました。ほうれい線やゴルゴ線、顔のゆがみから顔の体操を失敗した人の改善方法の紹介しています。
今回の出版は、amazon さんからの発売になります。是非よろしくお願いします。amazon.jp 輪郭美顔のつくり方 1588円