小顔矯正のやり方

小顔矯正とは

頭蓋骨矯正をイメージしている方が多いですが、頭蓋骨の上にある表情筋を整えてあげると輪郭が小さくなっていきます。頭蓋骨と皮膚の間にある隙間がなくなれば顔はシュッとしてえ小さくなるものですが、顔の凝り、顔の浮腫み、緩んだ筋肉があると顔は大きく見えてしまいます。瘦せていても顔だけ大きい人は多く、体重とあまり顔の大きさは関係ありません。顔が太っているから体重を落とそうと思っている方は気を付けてください。なおす >>

デトックスと氷水

顔の緊張、血行、循環は温冷療法をすると効果があります。通常お伝えしているのは温水と冷水を交互に顔を付けるものですが、さらに効果を出したい方は入浴用のサウナマスクで顔をデトックスしながら5分置きに氷水で顔を冷やしてください。そうすると表情筋が緩み、浮腫みが取れやすくなります。マッサージをしなくても毎日温冷療法している方は小顔ですね。

小顔矯正、顔の凝りをほぐす

1.首の横をひとさし指と中指、親指でつまみ揉んでください
2.こめかみのやや下にある頬骨に指を押しあて前後に揺らしましょう
3.アゴ先の骨をひとさし指と中指、親指ではさみ左右に揺らしてください。親指は喉側をほぐし、ひとさし指と中指はアゴ先をほぐしましょう
4.小鼻の付け根に指を押しあて上下に揺らしましょう

小顔矯正、浮腫みを流す

保湿液やクリームを付けながら浮腫みを流してください。流し終わったらアイスノンで肌を冷やしてください。
1.眼下にそってなぞってください。圧力をかけながら内側から外側に指を移動する
2.顎にそってなぞってください。圧力をかけながら内側から外側に指を移動する 強め
3.頬骨のきわにそってなぞってください。圧力をかけながら内側から外側に指を移動する
4.横首にそってなぞってください。圧力をかけながら上から下に指を移動する

小顔矯正、ストレッチと顔筋トレ

鼻の下を伸ばしながら上を見上げると顔がストレッチされます。10秒ほど
あひる口のまま前に突き出し1分ほど止めてください。弛み膨張した肌が唇を中心に引き締まってきます。普段は細いストローで水やヨーグルトを飲む習慣をつけると小顔になっていきます。なおす >>





輪郭美顔のつくり方 新刊出版
こちらのブログが書籍化となり、ギャラクシー出版より” 輪郭美顔のつくり方 “を出版させていただきました。ほうれい線やゴルゴ線、顔のゆがみから顔の体操を失敗した人の改善方法の紹介しています。
今回の出版は、amazon さんからの発売になります。是非よろしくお願いします。amazon.jp 輪郭美顔のつくり方 1588円