顎、フェイスラインが浮腫む、弛む原因

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%93%e3%82%8a%e3%80%80アゴ先は老廃物が溜まりやすく、新陳代謝が低いと老廃物は固形化しシコリがフェイスラインに付着していきます。頬から喉にかけて同じ皮膚ですが、フェイスラインにシコリの山ができると皮膚の伸縮運動が弱まり肌が喉側からたるんできますね。
肌質変化にも影響、老廃物がかたまりシコリが溜まってくるとアゴ先の肌は頬の肌色と違い、赤みや黒ずんだり、皮膚が固くなってきています。浮腫みの慢性化から肌荒れになる方がとても多いですね。

顎、フェイスラインのほぐす方法

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%80%80%e9%a1%94%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%81%9fお風呂に入ってもお顔はお湯につけないのでお顔の代謝はあがりません。洗顔をしても顔の中のしこりや老廃物は取れるわけでないのでまずはサウナマスクを使い、顔の老廃物をデトックスしましょう。
固いしこりのままではマッサージしてもほとんど崩れてくれませんが、デトックスした後はかたまりが崩れやすくなります。汗かくまでデトックスが面倒なかたは温冷療法をしっかりしてください。
肌としこりがふやけたタイミングでアゴ先をしっかりとつまみアゴにそって揺らし、ほぐした後は必ずアイスノンなどで冷やしてください。