エラが張る、顎が出てくる原因

%e6%ad%a3%e3%81%97%e3%81%84%e3%81%8b%e5%99%9b%e3%81%bf%e3%81%8b%e3%81%9f普段、奥歯で噛み合わせていると下顎が前に出てきて下がってきます。また、前歯でなく奥歯で噛みしめるともちろん咀嚼筋が発達するのでエラが張ってきます。
反対に前歯で噛み合わせていると奥歯は自然と浮き、奥歯の噛みしめ、歯ぎしりはなくなってきます。

また、奥歯は顔の外側に位置しているので筋肉が発達すると顔が外側に広がります。反対に前歯で噛むと顔の中央に引き締まりができるので小顔になっていきます。なおす >>

正しい噛み合わせ方

%e3%82%a8%e3%83%a9%e5%bc%b5%e3%82%8a%e3%80%80%e5%99%9b%e3%81%bf%e6%96%b9
普段リスのように前歯を合わせましょう。その際に上唇も意識して突き出すと肌も引き締まり小顔効果があります。

食事をとる際は奥歯を使いますが、その他では奥歯で噛み合わせないようにしましょう。

身体の方も前歯で噛み合わせるとお腹、内ももの引き締まり効果があります。