頬骨の出っ張りは頬骨筋

%e9%a0%ac%e9%aa%a8%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b8ほとんどの方がレントゲンを撮ると頬骨の骨は出ていなく、実際頬骨の上にある頬骨筋や側頭部の表情筋が縮み盛り上がっています。また、筋肉の力こぶとは別に目を凝らしたりする表情をされたときに目じりに肌があまり盛り上がるのも頬骨が出っ張る要因です。
頬骨筋をほぐす際はしっかりと指を押しあて上下や左右、円を描きながら揺らしましょう。しっかりと押さえないと皮膚だけ緩めていることになるのでほとんど効果はありません。浮腫みがあるとプヨプヨして押しにくいのてわ入浴中や上がった後にほぐすといいかと思います。なおす >>

頬骨筋をほぐす順番とケア

%e9%a0%ac%e9%aa%a8%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b8%e6%96%b9%e6%b3%95押す際はテーブルなどに肘をつき腕を固定すると押す場所に荷重がかかりほぐれやすくなります。押す順番は耳まわり→こめかみ下→頬骨中央です。耳まわりに顔を緊張させる神経が集まっています。頬骨につながる神経を緩めるため耳まわりはしっかりとほぐしてから頬骨筋を緩めてください。ほぐした後はアイスノンなどで冷やしクールダウンしてください。
真上を見ながら鼻の下を伸ばすと頬筋はストレッチされます。また、デスクワークや視力が悪い人は目じりに力を入れる癖があります。なので目をひらくときに目じりをひらいて空ける意識してください。続きを読む >>