マウスピースで顔が弛む要因

頬くぼむ
顎関節症、歯ぎしり、噛みしめなどでマウスピースをしていると顔の肌、表情筋が弛む人がいますね。
アゴのストレスが軽減してくれますが、頼りすぎると頬や唇の筋力も落ちてしまうのでブルドック顔に近づきます。もちろん短い期間であれば、すこし頬が痩せてくれるので小顔になるかたもいらっしゃいます。なおす >>

顎関節のケア方法

顔がこける 体操
アゴのストレスは、お顔の緊張状態になっているとアゴを噛みしめたくなります。噛みしめている状態が慢性化するとアゴの関節や頬骨周りに痛みが出てきます。
普段、こまかみや頬骨まわりをアイスノンなどで冷やし緊張を緩めた後、耳を左右に引っ張りながら口を大きく開けてアオアオと動かしてあげましょう。そのまま睡眠をとると噛みしめや歯ぎしりが軽減します。マウスピースのみに頼るのもよくないですね。

ビフォーアフター >>




輪郭美顔のつくり方 新刊出版
こちらのブログが書籍化となり、ギャラクシー出版より” 輪郭美顔のつくり方 “を出版させていただきました。ほうれい線やゴルゴ線、顔のゆがみから顔の体操を失敗した人の改善方法の紹介しています。
今回の出版は、amazon さんからの発売になります。是非よろしくお願いします。amazon.jp 輪郭美顔のつくり方 1588円